政治&経済

山梨県の長崎幸太郎知事の給与は?5月分の給与が1円は本当?

2020年4月24日に山梨県の「長崎幸太郎知事」が5月分の給与125万円をほぼ全て返上し、実質の給与1円とする事が取材により判明しました。

「我慢の先頭に立つ」と語る山梨県の長崎幸太郎知事が、なぜ給与を返上するのか。

そして、それに対する世間の反応をまとめました。

 山梨県知事の給与は通常「125万円」

今回話題になっている給与1円の報道がこちらです。

山梨県の長崎幸太郎知事が5月分の給与125万円をほぼ全額返上し、「1円」とすることが関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて多くの業種に休業要請しているため、「我慢の先頭に立つ」という。

 給与減額ための条例改正案を28日招集の臨時議会に提出する。ゼロではなく1円にするのは、無償で職務を行うと公選法の寄付行為に抵触する恐れがあるためという。

 県は休業要請に応じた事業者への補償や協力金支給は財政面から見送り、売り上げが前年より50%以上減った中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円を給付する国の「持続化給付金」の受給を全面的にサポートするとしている。

 知事給与をめぐっては、愛媛県の中村時広知事が全額返上を表明したほか、北海道の鈴木直道知事、福岡県の小川洋知事らも減額の意向を示している。

引用:Yahoo!ニュース

記事内にある通り、山梨県知事の5月分の給与は「125万円」であることがわかりました。

そして、0円ではなく1円にした理由は「公選法の寄付行為に抵触する恐れがあるから」です。

調べたところ、山梨県知事の給与は昭和26年12月18日に決まった「山梨県条例第五十六号」によると、毎月125万円のようです。

全国での知事の平均年収は2222万円でした。

全国での知事・市長ランキングTO500によると山梨県は全国で24位のお給料の高さのようです。(東洋経済オンライン2019年6月10日調べ)

ちなみに、1位は神奈川県・横浜市「159.90万円」、500位は長崎県・南島原市など10市で「87.00万円」となっていました。(東洋経済オンライン2019年6月10日調べ)

こう見ると47都道府県のうち25位だと考えると、平均的な給与だと言えますね。

山梨県知事の給与1円報道に世間の声は?

山梨県知事の給与額と今回話題になっていた給与の返上をご案内したところで、世間の声をまとめました。

世間での声は結構辛辣な意見が多くみられました。

ですがこれらは「働いているんだからきちんと報酬をもらって欲しい」そう言った気持ちの現れだと推察します。

まとめ

今回は「山梨県の長崎幸太郎知事の給与は?5月分の給与が1円は本当?」と題しまして、ご案内をしていきました。

結論は、

  • 山梨県の長崎幸太郎知事の給与は125万円
  • 給与を1円にするのは本当(2020年5月分)
  • 全額返上をしないのは「公選法の寄付行為に抵触する恐れがあるから」

以上のことが報道や山梨県条例によりわかりました。

「我慢の先に立つ」ということは、「これから我々にも同じような状況が待ち受けているのではないか?」そんな事を不安視する声。

「働いているんだから報酬は受け取ってほしい」といった声などが見られました。

私も働いた分きちんと給与をもらってほしい。そう思います。

それでは最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。